This page:NPO 輝きTOP > 学童児童所> 家庭保育福祉員(保育ママ)とは

家庭保育福祉員(保育ママ)とは

▼このページ「家庭保育福祉員(保育ママ)とは」にリンクを申請される方はこちらからどうぞ

保育をしてくれる施設を探しているが、近くに保育所がない――。


 共働きの家庭にとって、条件に合った施設を探すのは、思いのほか困難なもの。


 保育園に空きがない、乳児は受け入れてもらえない、年度途中で受け入れてくれるところがない、預かり時間が合わない等々、状況はさまざまです。


 そこで、国が2000年から始めた補助制度をきっかけに、昼間働く親に代わって乳幼児を保育するという「家庭保育福祉員(家庭福祉員)」、いわゆる「保育ママ」の制度が、市区町村に導入されるようになりました。


 家庭保育福祉員(保育ママ)は、家庭的な雰囲気の中で、他の子供を、自分の子供のように保育します。


 家庭保育福祉員は、保育士などの資格を持っている等の一定の条件を満たしていて、市区町村で認定された人がなることができます。

「家庭保育福祉員(保育ママ)とは」へのリンクを申請される方は以下の注意事項をお読みになり、必要事項をご記入の上、ご登録ください。

申請される前に、まず当サイト「NPO 輝き」へのリンクを張って頂きます様お願いします。
リンクタグは以下の物をご利用ください。

サイトのキャプチャー画像は自動的に取得されますが、システムの都合上、表示されるまでしばらく時間が掛かる場合がありますので、その際はしばらく時間を置いてから、改めてご確認頂けます様お願いします。

サイト情報を表示する前にこのサイトのオーナーの承認が必要となります。
承認されるまでは入力して頂いたサイト情報は表示されませんので、しばらくお待ちください。

CmsAgentTemplate0025/0026 var1.004