子供の病気は、特に「小児科」というものが設けられていることからもわかるように、種類や症状などにおいて、大人の病気との違いが多々あります。それだけ子供の心身は大人のそれとは違うんですね。


 子供の病気に関しては、現在の日本では、15歳までを小児科で扱っていますが、特に言葉で症状を訴えることができない乳児の場合は注意が必要です。また、言葉が話せる子供でも、やはり就学前後の子供の場合は、言葉でうまく症状を伝えられないことが多いので、保護者は子供の病気には細心の注意を払うべきでしょう。とはいえ、多くの場合は、子供が必ずかかるような病気ですから、いたずらに不安になったり慌てたりせず、正しい知識を持って落ち着いて対処したいものです。

「子供の病気」へのリンクを申請される方は以下の注意事項をお読みになり、必要事項をご記入の上、ご登録ください。

申請される前に、まず当サイト「NPO 輝き」へのリンクを張って頂きます様お願いします。
リンクタグは以下の物をご利用ください。

サイトのキャプチャー画像は自動的に取得されますが、システムの都合上、表示されるまでしばらく時間が掛かる場合がありますので、その際はしばらく時間を置いてから、改めてご確認頂けます様お願いします。

サイト情報を表示する前にこのサイトのオーナーの承認が必要となります。
承認されるまでは入力して頂いたサイト情報は表示されませんので、しばらくお待ちください。

CmsAgentTemplate0025/0026 var1.004