現在ボランティア活動はいろいろな場所で活躍しています。
記憶に新しいのは2007年の3月の能登大地震では、沢山の人がボランティア活動を行い、現在でも
活躍している人もいます。
また、1995年の阪神・淡路大震災の際にも沢山の人が活躍しました。
しかしそのなかに少なからず、迷惑なボランティアもいたのを知っていますか。
迷惑なボランティアが出てきてしまうのは、一部の人のボランティア活動に
対する勘違いが原因として挙げられます。

まずあなたは、他人のペースに合わせてあげられますか。
ボランティア活動はテキパキと行動すべきと思っている人も少なからずいると思います。
当然活動を円滑に進めるのは大切だと思いますが、ボランティアは利益や成果を追求する企業活動とは待って異なり、
他人のペースに合わせて動くことが一番なのです。

またあなたは、人の気持ちになって考えてあげる事は出来ますか。
ボランティアに行けば必ず喜んで貰えると思っていませんか。
ボランティアされる側も人によっては本当は人の手はかりたくないと思っている人もいます。
また災害地の場合は急に援助を受けなければならない状態になり戸惑っている人も
いると思います。
普段の生活にも言える事ですが行動する際には、相手の気持
ちをよく考えて周囲の状況を客観的に考えてみるのが大事ですね。

そして最後に、ボランティア活動では、誰かが仕事を割り当ててくれる
と言う甘い考えもやめて下さい。
もし、誰も仕事を割り当ててくれなかったらどうしますか。きっと、行動を起こそうとしてもうまくいくはずがありません。
その場所で自分がどう行動し、どんな役割を果たすかを考えるのはあなた自身なのです。


ボランティア活動はとても良い事だと思います。しかし、行けば何とかなるだろう、という気持ちだけ
で現地に向かい、単純作業に嫌気が差し、不平不満ばかり言ってしまったり、
人や自分の食料や宿泊場所を確保せずに行ったため、結局被災者や他のボランティアの迷
惑になってしまってはあなたも相手も良い思いはしないですよね。
ボランティアに行く前に、必ずボランティアセンターなどで情報を仕入れて、ある程度下準備をすることが大
切なんですよ。

「ボランティア活動の意味」へのリンクを申請される方は以下の注意事項をお読みになり、必要事項をご記入の上、ご登録ください。

申請される前に、まず当サイト「NPO 輝き」へのリンクを張って頂きます様お願いします。
リンクタグは以下の物をご利用ください。

サイトのキャプチャー画像は自動的に取得されますが、システムの都合上、表示されるまでしばらく時間が掛かる場合がありますので、その際はしばらく時間を置いてから、改めてご確認頂けます様お願いします。

サイト情報を表示する前にこのサイトのオーナーの承認が必要となります。
承認されるまでは入力して頂いたサイト情報は表示されませんので、しばらくお待ちください。

CmsAgentTemplate0025/0026 var1.004